ホームへ どんなサイト? 転職Q&A 仕事紹介のお申込み 採用ご担当者へ 会社概要
コンテンツ
どんなサイト?
転職Q&A
お仕事紹介申込み
採用ご担当者様へ
サイトマップ
サイトポリシー
会社概要
ケアキャリアネット 希望介護職種を一発紹介!

円満退職をするためのアドバイス

転職先が決定して、ホッと一息…そんな時間も束の間、お世話になった現職の上司に退職の意向を伝えなければ…!!転職を経験した方なら、誰でも経験があるのではないでしょうか?
辞表を出した途端、気まずくなってしまったり、強い引き留めにあって転職の時期を延期したり…と苦い経験をした方も少なくないようです。
では、いわゆる「円満退社」と言われる退職をするには、どうすれば良いのでしょうか?
もちろん、各自・各社によって違いもありますが、ここでは一般的な流れを整理しながら、退職の話を進める際に気を付けるべきポイントやマナーについて考えてみたいと思います。

一般的な退職までの流れ

一般的な退職までの流れ

退職のタイミング

まず最初に、ここでお話をしておきたいのは、現職を退職するのは転職先が決定してからがベストだということです。
どうしても現職を退職してから転職活動を始めると、金銭面の問題で「転職先を早く決めなければ…!」と焦ってしまうこともあります。
焦ってしまうと「内定をくれたから、ここでいいや」という程度で転職先を決めてしまい、入社をしたら「こんなはずじゃなかった!!!」ということが起こり易いということです。
もちろん現職を続けながらの活動は時間的にも体力的にもハードになると思われますが、焦ることなくじっくりと良い転職先を見極めて決定出来るという点では、転職先を決めてから現職を退職する方をお勧めします。

転職活動を始める時期

現職での業務の引き継ぎにかかる期間を考慮し、おおよその退職の時期を見極めます。
退職願を提出してからどれくらいの期間があれば現職への迷惑を最小限に抑えることが出来るか検討してみましょう。
ただし、転職先企業(求人企業)側では、基本的に内定を出してから1ヶ月〜3ヶ月程度で 入社をしてくれる人を望んでいることが多いのが現状です。
また、求人企業に応募手続きを開始してから内定が出るまで平均で1ヶ月〜2ヶ月程度は かかります。
上記の点を考慮して、逆算をします。
例えば、春に退職・転職を考えているのであれば、冬頃から転職先の情報を集め始めるのが一般的ですが、退職までに時間がかかりそうな場合には、秋頃から情報収集を始めるといった感じで活動を始めてみるのが良いタイミングと言えます。

退職の意思を伝える前に

まず、就業規則などをきちんとチェックして、退職日からどれくらい前までに退職の意向を申し出れば良いのか確認します。
転職先が決まった後、現職の上司に退職の意思を伝えますが、その前に自分自身の「退職の意思」が堅いのかどうか今一度考えてみることが大切です。
中途半端な気持ちで退職の意思を伝えてしまうと、強い引き留めにあったり部署異動や給与アップなどの条件を提示されたりして、気持が揺れてしまう可能性があります。
引き留められて現職に留まっても、一度退職の意向を伝えてしまった以上、居心地の良い環境ではなくなってしまう可能性が高いでしょう。また、転職先にも迷惑をかけてしまうことにもなるので、自分に強固な意志があるのかどうか、再度、確認しましょう。
自分自身の意思の確認が出来たら、最初に上司に退職の意思をお伝えします。
この時点では、同僚や後輩などには退職の意思はお話ししない方が良いでしょう。
最初に直属の上司にお話をするのが社会人としてのマナーです。

退職意向の伝え方

  1. 上司にメールなどで「お話したいことがありますので、お時間を頂けますか?」などといった形で時間を作ってもらいます。なるべく早いタイミングで、上司とのアポイントをとりましょう。
  2. 上司と話をする場面では、時間を作ってくれたことへのお礼の言葉を述べ、その上で「○○の業務に携わりたかった為、転職を考え、転職先が決まったので退社をしたい」などという形でお伝えしましょう。
    転職をすることで自分の「希望の仕事」が出来るなど、前向きな退職理由をしっかりとお伝えします。
    くれぐれも、現職への不満(残業が多い・給与が安い・人間関係が悪いなど)は言わないように気をつけましょう。
  3. 上司に退職の了承を得られたら、引き継ぎ等の状況も踏まえて退職日を決定します。
    有給休暇を取得する場合にも、現職に迷惑をかけないよう、引き継ぎの期間の見極めが大切です。

退職願の提出

退職願は上司との話し合いで、退職の了承(退職日決定)を得てから作成をします。
上司に直接、手渡しで提出します。ただし、就業規則で提出先を明記されている場合があるので、確認が必要です。
引き継ぎ等の期間にもよりますが、どんなに遅くても退職日の1ヶ月前には、提出が出来るように準備します。

退職願の書き方

白の縦書き便せんに黒の万年筆もしくはサインペンを使用します。

退職願の書き方

封筒は白地で縦長のものを使用します。
表中央に「退職願」、裏左下に部署名と名前を記入します。

引き継ぎ

引き継ぎは、誰が見てもわかるように書面(データ)で準備をすることをお勧めします。
自分が退職した後でも後任者がその書面(データ)を見れば対応が出来るように、ルーティン業務の他にもイレギュラーな対応が必要な部分もしっかりと記載しておくことが大切です。

挨拶回り

担当の顧客先には後任者の紹介をします。その際、顧客先に不安を与えないためにも顧客先ごとにこれまでの取引経緯やトラブルなどを事前にまとめておき、訪問前に後任者にしっかりと状況説明を行います。
その他、社内でお世話になった上司などにもきちんと挨拶をするのがマナーです。

会社に返却するもの・受け取るもの

返却すべきもの・受け取るべきもの、それぞれ会社側に前もって確認をします。
健康保険被保険者証、名刺などは返却をします。
年金手帳、雇用保険被保険者証、源泉徴収票は会社側から受け取るものです。
手続き等により、源泉徴収票などは退職後に郵送をしてもらう場合もあるので、引越しを予定している人などは新しい住所や日程等も確認をしておきましょう。
また、退職金や給与の振込等についても、事前に確認しておくことをお勧めします。

当サイトでは、専門のコンサルタントがこういったご相談にも丁寧にお答えしております。
下記までお気軽にご相談ください。

ご相談は、お電話(0120-940-986 [9:00〜18:00]  ※秘密厳守)か、
下記ボタンをクリックして、無料転職支援サービスのお申し込みフォームよりお問い合わせください。

無料転職支援サービスのお申し込みはこちら

2006 CyberRay.Inc All Rights Reserved.