社会保険労務士の転職について

社会保険労務士求人GUIDE
何でもお気軽にお問い合わせください! TEL. 0120-940-986
(受付時間 9:00〜18:00) メール相談はこちら
ホーム 社会保険労務士の転職:どんなサイト 転職Q&A 仕事紹介のお申し込み 社会保険労務士の採用 会社概要
〜社会保険労務士事務所でご活躍されている方へ〜

人事労務コンサルティングへの転職を考えている方【会計事務所という選択肢

近年社会保険労務士事務所では、手続き業務と人事労務コンサルティング業務の分業化が進んでいます。
今担当している業務が手続き業務中心で、今後はコンサルティング業務の経験を積みたいと考え、
転職を考える方も多いのではないでしょうか?

社会保険労務士事務所で企業へ提供出来るコンサルティングサービスには限りがあります。
そんな中、顧客満足度を向上させる事を目的として、他資格業との連携によるワンストップサービスの提供を
開始する事務所も増加している状況です。社会保険労務士事務所が会計事務所と経営統合をしたり、
会計事務所が社会保険労務士事務所を併設しサービスの幅を広げる動きが目立っています。
特に会計事務所では、労務サービスを充実させるために、社会保険労務士を雇用する機会が増加している
状況です。会計事務所では、給与計算や社保手続きのアドバイスを既に行っている所が多いようです。

ですので、会計事務所で社会保険労務士を雇用する場合は、主に労務相談業務や就業規則の作成・改定、
助成金のアドバイスなどのコンサルティング業務を中心に担当するものが多く見受けられます。
コンサルティング業務を希望して転職を考えている社会保険労務士の方にとって、会計事務所への転職は
良い選択肢かもしれません。ただし、コンサルティング業務が未経験の方の場合は、転職する会計事務所に
社会保険労務士が在籍しているかどうかをチェックする必要があると思います。
いきなりコンサルティング業務のみ担当をしなくてはいけなくなるのは大変だからです。
先輩社会保険労務士の方に教えて頂ける環境のほうが、安心して転職出来ると思います。

〜企業の人事労務等でご活躍されている方へ〜 【専門性を高めるには?】
 
企業の人事労務経験を活かし、社会保険労務士として専門性を高めるために転職を希望される方も
多いと思います。転職先として考えられるのは二つで、一つはより人事労務業務に特化した職種の
「企業」への転職。そしてもう一つは「社会保険労務士事務所」への転職です。

@企業への転職を希望する場合
企業で人事労務業務の専門性を高められる転職先は、より大手の企業への転職が理想的と言えます。
大手企業であれば、総務・経理・人事・労務と部署が完全にわかれており、専門性を高めるにはとても良い
環境であるからです。中小企業の人事労務業務の求人ですと、総務や経理なども含まれているものが
多く見受けられ、専門性を高めるには適していない環境では無い事が多いと思います。

大手企業の場合、近年グローバル化が進んでおり、社会保険労務士資格以外にも英語力が問われる事が
多くなっているようです。外国人労働者や海外子会社の増加により、コミュニケーションレベルの英語力で
対応が必要となってきているからです。また、人事労務業務についてはERPパッケージなどの導入による
システム化も進んでおります。ですので、システムについても設計が出来るレベルでは無いにしても、
使用した事のあるソフトについては、操作が問題無く出来て、簡単な設計の修正が出来るくらいのスキルや
知識は必要になる所があるようです。
企業への転職でステップアップを目指す方は、このような点も意識する必要があると言えます。

A社会保険労務士事務所へ転職をする場合
企業への勤務経験しかお持ちで無い方にとって、社会保険労務士事務所とはいったいどんな所なのか
想像するのが難しい方もいるかもしれません。
簡単に説明をしますと、今まであなたが担当していた業務が、企業によっては社内で対応しきれないので、
外注しているその「外注先」だと思って頂ければわかりやすいと思います。あなたが社内で手続き上のミスを
してしまったとしても、上司に注意を受けるだけで済むかもしれません。
しかし「外注先」となりますと、ミスは許されません。外注して頂けなくなるからです。

企業の人事労務を専門に請け負う社会保険労務士事務所では、企業を「顧問先」としてより正確に、
より専門的にサービスを提供する事が売り上げに繋がります。そしてその「顧問先」を増やす事で売り上げを
拡大しているのです。基本的ではありますが、企業から社会保険労務士事務所へ転職する場合は、
このような「意識の転換」が必要になります。すべての業務において、より「正確」に、そして「顧問満足度」が
向上するように丁寧な対応をしなければいけません。その結果、「顧問先」を紹介してくれるようになり、
売り上げの拡大に貢献出来るようになります。大袈裟かもしれませんが、「内勤」から「営業職」へ
キャリアチェンジをする位の意気込みが必要だと思います。

社会保険労務士事務所ではこのように、より専門的な業務の経験が積むことができ、そして最終的には
独立にも役に立つ営業力も身に付ける事が出来ます。
最初は大変かもしれませんが、顧客満足度が高く、お客様から感謝されればとても嬉しいですし、
売り上げの拡大にも貢献出来れば早期に給与にも反映される事が多く、モチベーションアップにも繋がります。
社会保険労務士として登録し、支部の会合などにも参加すれば他の社会保険労務士の方とのネットワークも
構築出来ますので、視野を広げる事も可能です。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

〜実務未経験の方へ〜 【リサーチとタイミングがポイント!】

企業や社会保険労務士事務所などでの人事労務経験が無い社会保険労務士の方にとって、
転職はなかなか厳しい状況です。
企業の場合は景気が先行き不透明であり、そんな中での社内体制の強化等で未経験者を育てる事を前提に
求人を行う事はあまりありません。欠員が出た場合の即戦力の求人が中心となっています。
社会保険労務士事務所についても、弁護士や税理士などが社会保険労務士業務へ進出している事などから、
競争が激化しており、未経験者を育てるほどゆとりが無い所が多い状況です。
昨今では「ソクドク」(即独立するという意味で)と言って、実務が未経験ながらも開業登録をする方も
いるようです。それだけ転職市場が厳しいと言えます。(開業登録をすれば、社会保険労務士協会からは
実務についてのバックアップはある程度して頂けるようですが。。。)

しかしながら、企業や社会保険労務士事務所での求人も全く無い状況ではありません。
企業ですと総務労務の求人であればPCスキルが一定レベルに達していると、労務未経験でも応募が
可能であったり、人事労務の求人であればプレゼンスキルや採用経験者であれば、労務未経験でも
応募が可能な求人があります。

社会保険労務士事務所の場合は、未経験者を育てられるほど時間にゆとりのある時期(2月頃)であれば
求人を行っている所があったり、社会保険労務士試験の受験時期(8月)や合格発表のタイミング(11月)に
併せて未経験の求人を行う所も見受けられます。

このように、実務未経験の方が転職をする場合は、求人内容を良く読み込むことや
転職活動をするタイミングが重要になると思います。

   
お問い合わせはこちら↓ お電話:0120−940−986 (9:00〜18:00)※秘密厳守
無料転職支援サービスのお申し込みはこちら 

@どんな求人があるか探してみる

Aプロのコンサルタントに探してもらう(無料
転職支援のプロにお任せください
基本情報
どんなサイト?
社労士の転職Q&A
社会保険労務士の採用
転職成功事例
コンサルタントのコラム
社会保険労務士事務所の
M&A・事業承継
相談する
仕事紹介お申し込み
来社相談お申し込み
求人情報掲載お申し込み
サイト情報
サイトマップ
サイトポリシー
社会保険労務士求人GUIDE:会社概要
社会保険労務士転職無料紹介の事なら弊社までお気軽にご相談ください!ご相談から社会保険労務士事務所の検索・ご案内まで一切無料です。
お電話でのご相談は下記までお問い合わせください。TEL. 0120-940-986 (受付時間 9:00〜18:00)
来社相談(予約フォーム) メール相談
ホーム 社会保険労務士の転職:どんなサイト 転職Q&A 仕事紹介のお申し込み 社会保険労務士の採用 会社概要






<個人情報の取扱い等について>


HPロゴ社労士の転職なら、社会保険労務士求人GUIDE
(C) SHAROUSHI-KYUJIN GUIDE.
会社ロゴ 厚生労働省認可:許可番号13−ユ−301098
株式会社サイバーレイキャリアサービス
〒183-0022 東京都府中市宮西町2-8-3 野口ビル2階
アクセスはこちら  TEL:042-306-6071
相談員に探してもらう! 相談員に探してもらう!