税理士補助の仕事内容と転職について

税理士補助の仕事とは?

会計事務所では、会計(経理)伝票の仕訳作業に始まり、税務書類(総勘定元帳、試算表、税務申告書、決算書類など)の作成・チェック、 巡回監査業務(クライアント訪問)、税務相談、税務調査の立ち会い、経営コンサルティング(会社設立やM&Aなども含む)まで行っているのが一般的です。
この中で税理士補助業務(税理士業務補助)と呼ばれるお仕事は、伝票の仕訳作業や入力作業が主な業務内容となります。

基本的には税理士の先生方のサポート(アシスタント)業務ですが、それぞれの会計事務所によって、担当する業務に大きな差があります。
(詳しくは下記をご参照ください。)

税理士補助に求められる求人要件

税理士補助業務(税理士業務補助)といっても、中には来客対応や事務所内の庶務を主に担当して頂くといった求人もありますし、仕訳作業や入力作業のみを担当する求人もあります。会計事務所での業務未経験の方であっても、日商簿記2級以上の経理の基礎知識やパソコンの基本的なスキルが必要となります。
また、クライアントの担当を任され、申告書の作成や巡回監査まで一通り行う求人もあります。

こういった求人では即戦力として期待されることがほとんどで、会計事務所での実務経験などが問われることが多くなっています。
中には、税理士科目3科目以上の取得者など、実務経験と併せて資格も問われる求人も少なくありません。
実務経験を積むために会計事務所への転職をお考えの方にとっては、クライアントの担当を任されるような求人が理想的な環境と言えるでしょう。

補助業務(いわゆるアシスタント業務)が主業務となるため、年齢的には若い人に人気が集中しているようです。
20代、30代前半、30代後半と年齢が高くなる毎に、科目の取得状況や実務経験の年数など求められる項目が増えるといった状況です。

応募先の会計事務所がどのような仕事を任せたいと考えているのか、しっかりとした見極めが必要です。

会計人材バンクでは、その方のご経験やご年齢、将来のビジョンなども含め、
おひとりおひとりに的確なアドバイスを行っております。

是非、ご相談ください。

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop