税理士が会計事務所に転職する場合

税理士が会計事務所への転職を考える際、「どのような条件を一番優先して希望するか?」によって転職先が変わってきます。
担当業務の内容や事務所の規模、残業の量、事務所の場所など、人によって様々な希望条件があると思われます。

 

例えば、「資産税のプロになりたい!」と考えている税理士の場合、資産税の案件に多く携われる事務所への転職を希望しますが、事務所の得意分野や規模によっても、携わる案件の割合や事務所側も採用条件などは大きく変わってきます。
大手や中規模クラスの会計事務所の場合、部門ごとに担当業務がわかれているため、資産税部門にいると資産税業務に専門的に携わることができますが、法人税や国際業務などの他の分野に携わることは難しくなります。

 

また、中小規模の会計事務所に比べて採用ハードルは高く、取得科目の種類や取得時期、学歴、前職の事務所規模や経験内容など厳しく審査され、より若手を好む傾向もあります。
逆に、中小規模の会計事務所の場合、一般的な法人税を中心業務として資産税業務は年に数件ほどスポット的に担当するといった事務所が多くなりますが、他にも幅広い業務に携わることができる可能性が高くなると思われます。
資産税業務を専門に行っている事務所では、「これまで資産税業務にどれだけ携わってきたか?」という点で専門知識や経験の深さなどが採用基準となることが多くなり、年齢とともにハードルも上がってきます。

 

上記のように希望の業務に携われる割合を優先するか、事務所の規模を優先するかなどによっても事務所側の採用ハードルが違うため、ご自身の希望だけではなかなか思い通りの転職ができるとは限りません。
しっかりとご自身の方向性を見極め、キャリア形成を意識しながら転職を考えて頂ければと思います。

 

会計人材バンクでは、貴方のご希望や事務所側の採用ハードルも加味しながら、
できる限りご希望に近いご転職ができるようにお手伝いしております。
是非、ご相談ください。

 

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop