良い転職先を探す時の大事なポイント

「良い会計事務所」とはどんな事務所?

みなさんは「良い会計事務所」と聞いて、どんな事務所を思い浮かべますか?

大手の会計事務所、規模は小さいながらも売上を順調に伸ばしている事務所、税務業務だけでなく幅広いコンサルティングまで行っている事務所、老舗事務所など、どれも良い事務所だと言えるでしょう。

もちろん、人それぞれ評価のポイントは違ってきますが、ここでは数多くの会計事務所へご訪問をさせて頂いているキャリアコンサルタントが転職という観点を中心に「良い会計事務所とは何か?」を考えてみたいと思います。

会計事務所はサービス業!

業績の良い会計事務所に訪問して、代表の先生方が必ずといっていいほど口にする言葉があります。

「税理士業(会計事務所)もサービス業」という言葉です。

一昔前の様な「先生」と敬われる時代は過ぎつつあり、クライアントを「大切なお客様」として位置づけ、キメ細やかなサービスを提供するという観点で、会計事務所に勤めるスタッフ全員がクライアントに対して丁寧な対応をすることが当たり前となっています。
このような事務所では、私達キャリアコンサルタントが事務所へお電話をしたり、ご訪問したりした際も、事務所のスタッフの方達がとても気持ちの良い対応をしてくださいます。

こういった丁寧な対応がクライアントとのスムーズなコミュニケーションを生み出し、仕事の丁寧さに繋がり、質の高いサービスが提供でき、結果として業績が上がるのではないでしょうか?

加えて、事務所内部も雰囲気もとても風通しが良く、スタッフが協力し合って「良い仕事をしよう!」という熱意や向上心が感じられる事務所が多く、離職率が低いのも特徴です。これもまた、仕事の丁寧さや質の高いサービス提供に繋がり、
業績アップ→給与アップ→モチベーションアップ→長く勤めたい事務所という
相乗効果を生んでいるのかもしれません。

会計事務所へ転職を考える際には、事務所の規模や業務の種類、税理士の人数などだけで判断をするのではなく、上記のような「良い会計事務所」であるかどうかを見極めることも大事なポイントなのではないでしょうか?

会計人材バンクでは、こういったご転職に関しての丁寧なアドバイスを行っております。
是非、ご相談ください。

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop