会計事務所のスタッフ・アシスタントの求人について

会計事務所スタッフ・アシスタントの求人動向

近年では会計事務所からの求人依頼も増加傾向にあり、税理士以外でもスタッフやアシスタント業務を担当する方々の募集も増えてきています。
会計事務所で勤務経験がある方の場合は需要も高く、申告書の作成業務などに携わった経験のある方は、即戦力としての活躍が期待されます。

会計事務所での勤務経験がない方の場合、一般的には「キャリアチェンジ」に近いという判断を受けてしまうことが多いため、30代後半以降の方については採用の可能性がグッと低くなってしまうようですが、事業会社での経理業務などの経験がある30代前半くらいまでの方であれば採用に至る可能性も十分にあるでしょう。
その場合、20代の若手であっても、日商簿記資格や会計・税務に関する知識保有が前提となります。特に税理士資格の取得を目指す受験生や科目合格者については、人気が高いようです。

 

スキルアップのイメージが必要です!

ひとことで、「スタッフ」や「アシスタント」といっても、会計事務所によって、任される仕事内容は様々です。

  1. 仕訳作業・入力業務
  2. 申告書作成・税理士補助業務
  3. 巡回監査業務(クライアント担当)

などが、スタッフやアシスタントのメイン業務になると思われますが、
1のみを担当する会計事務所もあれば、1から3まで任せられる会計事務所もあります。

税理士を目指している方が、1しか担当できない会計事務所に勤めてしまっては、将来は転職をしなければスキルアップができません。
また、例えば、ほとんど1しか経験のない方が、いきなり3の業務を任せられてしまっても、ミスなどに繋がる危険が高くなってしまうでしょう。

こういったミスマッチが起こらないように、ご自身の目標や現在の経験値などを踏まえた上で、どんな業務を担当するのか、また、ご自身のスキルアップに繋がる経験は何なのか、などのイメージを持ちながら、転職先を決定する必要があります。
特に、経験値の浅い方などは、転職先の教育体制などもしっかりと前もって把握する必要があるでしょう。

 

 

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop