会計事務所のM&A 成功事例

会計事務所のM&Aはどのように行われるのか?
こちらでは、M&Aの成功事例をご紹介いたします。

成功事例:ケース1

代表引退に伴い、若手開業税理士への譲渡に成功

【買収側概要】個人開業税理士(開業1年目)

所在地:東京
業務形態:税務顧問サービスを中心に、執筆活動・セミナーなどで集客を行い着実に拡大中

【売却側概要】A会計事務所

所在地:首都圏
所員:所長、税務スタッフ2名、アルバイト3名
業務形態:月次巡回を中心に、きめ細やかな対応でクライアントからの信頼が厚く、代表先生は、税務知識も豊富で税務調査対策にも定評あり
譲渡理由:代表先生の高齢による引退

【譲渡までの流れ】

売却側より相談があり、買収先をお探しさせて頂きました。
クライアントからの信頼の厚い代表先生が引退となりますと、一番懸念されるのは解約リスクです。
従業員の生活も考え、極力解約リスクが少ない手法を一緒に検討致しました。

その結果、実績の高い若手税理士に事務所を譲渡する事で、単に若返りを目指すだけでなくサービスの質の低下を防ぎ、クライアントを永続的に繁栄させる譲渡である事を訴え掛けして行くことでほとんど解約される事も無く、従業員の雇用も守る事が出来ました。

ご相談から約3か月ほどで無事に譲渡成功となりました。

 

会計
事務所のM&Aお問合わせフォームに進む

 

成功事例:ケース2

業務の一部譲渡に成功

【買収側概要】経理アウトソーシング会社

所在地:埼玉県
社員:社長のみ
業務形態:主に経理のアウトソーシング業をメインにこまめな訪問とフォローで着実に業務を展開
譲受理由:他事務所勤務後、独立をしたが、顧客がなかなか増えない

【売却側概要】B会計事務所

所在地:東京都
所員:所長とアルバイト1名
業務形態:巡回業務が少ない顧問先を多く保有しており、会計ソフトの開発などを別法人にて展開中
譲渡理由:会計顧問業務を更に拡大する為、記帳代行業務などの売却を希望

【譲渡までの流れ】

買収側企業よりご相談があり、売却先企業を探すことになりました。
エリアが異なる企業でしたが、転居を兼ねて、相談から3か月ほどで無事に譲受成功となりました。

会計人材バンクではこのようなM&Aのお手伝いをさせて頂いております。
是非お問い合わせ下さい。

 

会計
事務所のM&Aお問合わせフォームに進む

 

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop