公認会計士の年収(モデル給与)

公認会計士の方が会計事務所や監査法人に転職する場合の給与水準をご紹介致します。

平均値としては開きがありますが、地域や年齢、実務経験などによって幅が出てくるので、
あくまでも参考の数字としてご覧になってください。

公認会計士が監査法人に転職する場合のモデル給与(平均年収)

公認会計士が監査法人に転職する場合

監査法人の非常勤モデル給与

近年では、監査法人での募集が大変少なくなっており、給与もかなり下がっているようです。
リーマン・ショック以降は非常勤勤務の募集をほとんど目にすることがなくなりました。
監査法人への転職をお考えの方は、慎重にタイミングを見極めることが必要です。

また、コンサルティング会社や一般企業など、違う業界へのご転職の可能性も含めて検討して頂ければと思います。

公認会計士が会計事務所に転職する場合のモデル給与(平均年収)

公認会計士が会計事務所に転職する場合

公認会計士が会計事務所に転職したいという希望は多くみられますが、
会計事務所の募集は税務業務の経験がないと「即戦力」としての評価が受けられず、実際は難しいのが現状です。

公認会計士が得意とするコンサルティング業務も担当できるポジションに転職できれば、
年収的にも監査法人とそれほど遜色ない金額が保証されますが、
一般的な税務業務が中心となる場合には、給与はかなり下がってしまう可能性が高いでしょう。

特に税務業務未経験の公認会計士の場合は、募集自体が少ないことに加え、
年収的にも新卒に近い水準で提示されることも少なくありません。

そのため、給与が大幅にダウンしてでも経験を積む為に修行のつもりで
会計事務所に転職したいという強い決意が必要です。

公認会計士がコンサルティング会社に転職する場合のモデル給与(平均年収)

公認会計士がコンサルティング会社に転職する場合

コンサルティングと一言で言っても、M&A、事業再生、IPO、IFRSなど様々な業務があります。
業務の内容によっても、需要が大きく異なりますので、ご自身がどんなコンサルティング業務に興味があるのか、
それはなぜなのかをしっかりと見極め目標を定めておきましょう。

コンサルティング会社では、英語力(目安としてTOEIC700点以上)のある
公認会計士を求めるケースが多くみられますので、英語力を磨くことも必要です。

公認会計士が一般企業の経理職などに転職する場合

一般企業では公認会計士の高い知識を求めるケースが増えてきているように感じます。

経理業務の経験があり、加えて英語力の高い方に関しては、多くの企業からオファーを頂くことも多く、
一人の会計士を複数の企業で取り合うといったことがみられます。

中には、経理の経験がなくても英語力と若さがあればポテンシャル採用をする企業もあります。
英語力はほとんどの企業で求められ、目安としてはTOEIC700点~800点以上となります。
今後は一段と高い英語力を求める企業が増えてくると思われます。

経理職のモデル給与(平均年収)についてはこちらをご覧ください。⇒ 経理職の年収(モデル給与)について
ご自身の現職(前職)年収と、転職希望先の想定年収に開きがある場合は、
ポジションに相違がある可能性が高いと思われます。

また、同様の職務内容であっても、初年度から高い報酬を保証されることは少なく、
現職を少し下回る年収を提示されることも多くあります。

詳しくは下記の例をご参照ください。

例1

現職年収が800万円で、希望先の想定年収が350万円~500万円と記載されている場合は、
現職ではマネジメント・クラスで活躍されていると思われますが、
希望先では担当者レベルの人を募集しようとしていると考えられます。

この場合はポジションで相違がある為、現職年収と想定年収に開きがあります。

例2

前職年収が600万円で、希望先の想定年収が400万円~700万円と記載されている場合でも、
即戦力として活躍できるかどうか見極める期間が必要な為、初年度は前職の給与をそのまま提示されることは少なく、
400万円~500万円に近い水準からのスタートとなることが多くなります。


あなたの適正年収などについて会計人材バンクのコンサルタントが診断致します。
是非、ご相談下さい

 

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop