公認会計士が一般企業の経理に転職する場合

公認会計士の方が経理に転職する場合、税理士の方と比較して、求人案件が多いのが現実です。
その背景として、IFRSを視野に入れて求人を行っている企業や、内部統制、IPOなど公認会計士として力を発揮できる機会が多い点が挙げられます。

内部統制は以前ほどニーズが少なくなりましたが、今でも全く無いという事ではありません。
しかし、上記のような職務内容をメインに採用された場合、その職務内容が落ち着いた後に予定している担当業務や配属部署があるかどうかに注意をする必要があります。

例えば内部統制やIPO業務をメインとした求人企業では、業務がひと段落した時点で職務が無くなり、その後の担当業務や配属部署がはっきりしていなかったため、就業した公認会計士の方が離職してしまう事もありました。
長く勤務を希望されている方はキャリアパスを企業側がどのように検討し、用意しているかも含めて、応募の判断をする事が重要です。

現在公認会計士の方の転職希望者は非常に増えてきております。
一番人気の高い求人は税務の求人になりますが、その次が経理求人では無いでしょうか。
安定を求めている公認会計士の方は特にその傾向が強いのではないかと思います。
今後経理求人も人気が上がってくる可能性は高いです。

監査法人での経験の長さによって、経理求人のニーズは変化します。
公認会計士試験合格者であれば、その学習能力を評価して採用を行っている企業もありますし、長い監査経験によって、社内の監査役としての採用を行っている企業もあったりと様々です。詳しくは弊社までお問い合わせください。

会計人材バンクでは、専門のコンサルタントがこういったご相談にも丁寧にお答えしております。
下記までお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop