財務職の年収について

財務職の平均年収

財務の平均年収は、おおよそ20代で400万円前後30代で500万円前後40代で700万円前後
比較的高い水準です。
企業の生命線とも言える資金繰りを担っている部署です。
経理や経営に関わっている部署と連携して資金計画に参画することもあります。

しかし、現実として、経営陣が求めるレベルの精度の高い資金計画を作成出来る財務の人材は
それほど多くありません。
そのため、転職後の年収は、管理系事務職の中でも高めに設定されています。

経理職の平均年収との比較

経理の平均年収は、おおよそ20代で350万円前後30代で450万円前後40代で500万円前後
なっております。

財務職の平均年収と比較すると、20代、30代ではさほど大きな差が無いものの
40代ではかなり開きが出ている事がわかります。

経営に近い立場で業務を行うので、経営陣と関わる機会にも恵まれる事から
出世をしやすいという事もあるようです。

年収アップのチャンス

財務を募集している企業の多くは、総合予算の作成を一人でできるスキルを持っていることが
応募の条件となっています。

財務という部署は、小規模の企業には設置されていないことが多く、
その場合は経理部門と兼任しているので、所属している会社によっては
経理の経験しかないという不安を抱く人もいるでしょう。

しかし、条件に合うスキルを持っている人は、財務への応募は、より高い年収を得るチャンスです。

会計人材バンクでは、専門のコンサルタントがこういったご相談にも丁寧にお答えしております。
下記までお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop