経理の転職について

経理職の方が転職する場合

大まかに求人企業側として採用を判断する材料としては

  1. 応募者が今まで就業されていた企業の会社規模
  2. マネージメントの有無
  3. 業務内容

といった順番になります。

当然の事ではありますが、上場企業の求人は上場企業での実務経験があれば評価は高いですし、
メーカーでの求人であれば、メーカーでの実務経験を求める案件が多く、
また税務申告業務がある求人であれば、税務申告業務の経験者を求めます。

現職では叶わない事(業務内容、会社規模、給与など)を叶える為に転職をされるケースがほとんどだと思います。

未経験業務を積みたい!という事であれば、その部分を経験する為に、現職までの経験がどれだけ活かせるか?
もっと規模の大きい会社で働きたい!という事であれば、現職まででどれだけ成果を挙げられたのか?など
ご自身でもアピールする材料が必要です。

給与に関しては、会社によって様々ですが、外資系の会社のほうが、報酬レベルが高い傾向は強いようです。
景気の回復と共にバックオフィスも忙しくなってきているようで、求人は増加傾向にあります。

弊社では税理士の方、公認会計士の方のキャリアカウンセリングも行っておりますが、
一般企業での就業の関心も日々高まってきているように感じます。
求人は増えておりますが、倍率は高くなるかもしれません。

会計人材バンクでは丁寧にヒアリングをし、キャリアチェンジのお手伝いさせて頂いております。
是非一度お問い合わせください。

 

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop