トップインタビュー

東京共同会計事務所様

変化の激しい税理士業界。これから税理士はどうあるべきか?
日本を代表する税理士法人のトップに、事務所の強みやお客様からの評価
これから求められる税理士像についてインタビューを行いました。

 

東京共同会計事務所
代表パートナー 内山 隆太郎 様


「質の高い技術を学び、お客様と並走する力や
良いクセを身に付けて欲しい」

 

Q1、東京共同会計事務所の強みについて、教えて下さい。

まず、各業務分野のどれにおいても「質の高い技術者(高い専門性と幅広い視点をもつ人材)が揃っている」ということです。
「いい先生がいる」ということは、クライアントにとっても、入社される方にとっても最も大切なことです。

次に当事務所では、一つのプロジェクトの、川上から川下まできわめて広範囲に業務を担当します。
その事案に精通した担当者が一貫して業務に取り組むことで、
業務完成度は必然的に高くなるものと期待しています。

世の中では、一つのプロジェクトに対して、それぞれ異なる専門性を持ったメンバーが集まり、仕事を進めるケースが一般的だと思います。

しかしプロジェクトを構成する要素や要因は、相互に影響を与えながら同時に発生しているのが通常です。
あまりに分業が進んだチームでは、プロジェクト推進にとって何が重要であるかも、
どうやって絡み合った現実を解決すべきなのかも判断が出来なくなりがちです。
当事務所はそれを担当者が一貫して取り組むことで、より洗練されたサービスを提供することが可能で、
それが組織的に強みとなります。

次に、当事務所はSPC管理において独自の体制やスキルを保有していることも見逃せません。
SPC管理は応用幅も広く、事業承継や法人の知的財産権関連の業務で他社との決定的な違いをもたらすものと想像しています。
また、当事務所ではクロスボーダーのプロジェクトをたくさんこなしてきており、その点も強みと言えます。
当事務所の社風は、「技術職」としてのこだわりが非常に強く、縦のつながり、プロ意識、
日本の高度成長期を支えた世代の日本人魂の継承を大切にしています。
新しいモノや事にチャレンジする社風もさることながら、価値を高めるために努力を惜しまない社員一人一人の姿勢こそが、
当事務所最大の強みと言えるでしょう。

Q2、お客様からはどのような評価をいただいていますか?

当事務所では、一つ一つの仕事がきめ細かく、完成度も高いことからお客様の評価やリピート率は高いと感じています。
金額的にも質的にも重要な案件に対しデリケートなストラクチャー設計を行っておりますので、お客様とのやりとりにおいても、
一言一句に責任を持つように心がけています。ストイックに専門家としての研鑽を追及し続けております。

目に見える成果の1つにInternational Tax Review誌の“World’s Leading Tax Firms”日本部門で、
毎年上位の票を獲得しており、国際的に高い評価も頂いております。

Q3、今後、「会計事務所」に求められる事は何でしょうか?

当事務所では「お客様と並走する力」が、今までよりもはるかに必要になると考えています。
総合的な人間性が重要になってくるということです。

その一方で今後、プロジェクトの国際化も進み、難易度がますます上がっていますので、
一気通貫性を重視する我々においても専門分野化は進んでいくに違いありません。
しかし、専門分野化してしまった各分野を有機的につないで、一つのプロジェクトを対応していくには、
個々のメンバーが専門分野外の知識も保有し、人と協力出来る能力が必要になります。
その意味でも総合的な人間性が重要になってきます。さらに単純な「業務の値段」は、
ますます「無価値化」していくと考えられることから、休まずより難易度の高い業務に挑んでいくことが
会計事務所にとって必要なことではないでしょうか。

そればかりではなりません。会計事務所も企業のような戦略性が求められてきていると思います。
これらのことは、職業専門家としての専門性だけでない民間サービス事業者としての魅力や戦略性も
両立させねばならないという厳しい課題を突き付けています。
当事務所は創業から20年程ですが、ファンドブームの潮流に乗って拡大をし続けてきました。

しかし、リーマンショック以降の厳しい時期を経験し、意図せざることとはいえ、非常に多くの学ぶ機会を頂いたと思っています。
その教訓を活かし当事務所は、今後安定的に成長していくために、戦略的にサービスの量的・質的拡大や
専門性を高めることを図り、事務所の第二、第三の事業の柱を育てていきたいと考えております。

Q4、最後に御社が求める人材について、教えて下さい。

Q1の強みでお話したように、当事務所では「技術」を持っている人材が揃っております。よって教育効果の高い会計事務所と言えるでしょう。その「技術」を学びたいと考えている勉強熱心な方に是非来て頂きたいですね。
仕事に情熱を持っている方も大歓迎です。

面接の場で私個人としては、話しやすい方や、やる気のありそうな方を好む傾向があります。
会話や応対のリズムでセンスを感じる事もありますし、本質的な質問をしてくる方は
それだけ当事務所に対して興味を持っている方に違いないと感じています。

当事務所では、社員一人一人に「良いクセ」を身に付けて欲しいと考えています。
それは今後入社される方も同様です。税法や事例集だけをみるのではなく、
関連する法律を体系的に整理したうえで判断する。
そして、経済実体に照らして再検討してみる。
こうした手法は安定して高い「技術」を発揮するための方法論のひとつですが、そうしたクセを身につけてもらいたいですね。

これからは本物じゃないとお客様から評価されない時代になります。
お客様から買っていただける「技術」を持ち、勇気をもってお客様を導く「指導力」をもつことが必要です。
やる気があり、上司に必死にくらいついていけるような方であれば、必ずや当事務所で飛躍的に成長が出来ると考えております。

 

内山様、どうもありがとうございました。

会計人材バンクでは、専門のコンサルタントがこういった企業トップの「生の声」もお聞きしています。
まずはお気軽にご相談ください。

 

東京共同会計事務所の求人情報

 

【会社概要】

1993年設立。ファイナンス分野を中心に会計・税務、財務に関する
専門性の高いコンサルティング・サービスを提供。

SPCを活用した資産証券化ビジネスの分野においては、
日本におけるパイオニアとして数多くの実績を残す。

日米欧の大手金融機関・投資ファンド等をメインクライアントとしながらも、
近年では多国籍企業、中堅・中小企業、個人富裕層等幅広い顧客を保有。

専門分野においては着実にサービスを充実させつつも、
今後更なるサービス拡大も目指し着実に成長を遂げている。

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop