税理士法人高野総合会計事務所のその他の求人

税理士法人高野総合会計事務所法人税部門マネージャー候補の求人・転職情報

求人NO:1658

  • 新着
kaigi

新しい時代のコンサルティング業務に積極的で意欲ある人材を!

M&Aや企業再編等を含む最先端かつ質の高い業務に携わることができます。
高野総合会計事務所は税務申告・税務相談等のルーティーンワークに留まらず、意欲さえあれば質の高い最先端の業務に携われるのが魅力です。また、業務の内容も新聞を賑わす再生・再編事案や大型の資産税案件など幅広いことも特徴です。
我々は質の高い仕事を実践しそれに見合ったフィーをいただくことにより、全員にとってやり甲斐のある職場を目指し実践しています。

募集要項

  • 職種・ポジション 法人税部門マネージャー候補
  • 雇用形態 正社員
  • 職務内容 ◆税務業務全般
    (法人クライアントを中心とした顧問業務)
  • 要件・スキル ◎税理士資格保有者
    ◎会計事務所等で法人の申告業務の実務経験
    ◎マネージメント経験のある方
  • 勤務地 東京都中央区
  • 給与 年収:800~万円
  • 給与備考 経験・能力を考慮、事務所規程により優遇
  • 賞与 年2回(実績4ヶ月分)別途業績賞与あり
  • 昇給 年1回(6月)
  • 就業時間 09:15~18:15
  • 休日・休暇 土日祝、年末年始休暇・夏期休暇・有給休暇・試験休暇 等
  • 保険 健康保険,雇用保険,労災保険,厚生年金
  • 福利厚生 定期健康診断
  • 定年制度 有: 60歳(再雇用65歳まで)
  • 退職金制度
  • その他制度・手当 資格手当
  • 通勤手当 全額支給: 実費支給
  • 時間外手当
  • 試用期間 有: 3ヶ月
  • 採用人数 若干名

会社PR

求める人物像

◆前向きで積極性や向上心のある、明るい方

採用担当者からのメッセージ

会計・税務のスペシャリストとのチーム制で幅広い業務経験ができます。

質の高い業務を遂行する上で高いレベルでのチームワークは欠かせません。高野総合会計事務所では業務特性に応じて公認会計士と税理士が連携して問題解決にあたっており、個々の専門性を生かしながらも資格にとらわれず様々な上司や同僚と経験を積むことができます。また、業務によっては外部の弁護士、金融機関等と連携して業務を遂行し、幅広い業務体験・人脈構築も可能となります。

同僚からのメッセージ

R.M.氏(平成15年1月入所) 税理士/マネージャー

Q1.事務所(TSK)における業務内容及び役割について教えて下さい。
法人・個人クライアントに対する税務会計の顧問・申告業務や、弁護士とのタイアップによりFAS部門の公認会計士とチームを組んで対応する組織再編や組織再生等のスポット業務、最近ではM&Aにかかる税務DD等があります。所内業務ではマネージャーとしてスタッフの業務管理及びパートナーとの各種調整を行う役割を担っています。

Q2.所属している部門の特徴について教えて下さい。
私はTSKの中核的な部門である「法人部門」に所属しております。「法人部門」は、クライアントに対してトータル的な会計・税務コンサルティングサービスを行うための窓口的な部門で、FAS部門、個人資産部門と密接に連携しながら、質の高いサービスを提供しております。
具体的には、通常の決算・申告業務から組織再編や株式評価等のサポートまで幅広い業務を行っております。
TSKでは組織再編や株式評価等のスポット業務の占める割合も高いので、伝統的な税理士業務の他、最先端の税務・会計スキルを身に付けたいと考えている方には法人部門は最適な部門と言えます。

Q3.TSKは出版物が多いと思いますが、執筆にはどの位関わることができますか?
事務所全体では毎月税務関連雑誌等に必ずといっていいほど、原稿が掲載されていますので、本人にやる気とスキルがあればどんどん執筆に関わることができます。執筆は自分の名前を売るというよりも、体系的な勉強を行う良い機会だと思います。私自身も雑誌等に年に20本程度執筆を行い、さらに年に1冊は税務関連本の出版にも参加しています。

Q4.どのような方と一緒に仕事をしたいと思いますか。
TSKの理念である3つの信、「信頼、信用、信義」を理解でき、常に仕事に、クライアントに、自分に対して希望に燃えて業務を行える人と共に仕事をしたいと考えています。

Q5.今後の目標について教えて下さい。
当面の目標は事務所で掲げている2010年プランという目標に向かって、事務所全体の業務の質の向上を行い、ひいてはクライアント及び職員の満足度をより一層高めていくということが目標です。

T.K.氏(平成18年8月入所) 公認会計士

Q1.前職は監査法人ということですが、転職された理由を教えて下さい。
監査法人は、上場前の中小企業から、東証1部の大企業まで大小様々なクライアントと関わることができる点は魅力的ですが、監査業務に携わっている以上、コンサルティング業務などの業務は制限されます。デューデリジェンス、株価評価、企業再編スキーム構築支援など幅広いコンサルティング業務を監査法人に在籍していたころと遜色ない多様なクライアントに提供できる点に惹かれて転職しました。

Q2.会計事務所(TSK)における業務内容及び役割について教えて下さい。
現在は、主に企業再編スキームの構築支援やM&Aにおけるデューデリジェンスを担当しています。基本的には、公認会計士又は税理士とチームを組んで業務にあたりますが、並行して複数のプロジェクトに携わっています。

Q3.会計士向けの研修制度はありますか?
監査法人時代よりも、業務の幅が広がったこともあり、日々の業務遂行がある意味勉強です。今まであまり携わらなかった税務の所内研修や、弁護士事務所との共同勉強会など研修制度は充実していると思います。また、会計に関する執筆の機会も多数あることから非常に勉強になります。

Q4.今後はどのような業務を担当してみたいとお考えですか?
TSKに入所してから、まだ半年程度ということもあり、毎回異なる業務を経験している毎日です。個人及び法人の申告業務などは未経験なので、不安もありますが申告時期が楽しみでもあります。
もちろん、転職の理由であるM&Aや再編・再生の支援業務を幅広く担当してみたいと思っています。

Q5.お忙しいようですが、休みは取れますか?
現在は、これまでと異なる業務を担当していることから、多少不慣れな部分もあり、習うより慣れろということであまり休んでいません。ただし、休みをとっても、優秀な(?)他のメンバーが肩代わりしてくれると思うので、休もうと思えば休めます。

Q6.最後に、どのような方に入所して欲しいですか?
M&Aや再編・再生支援といったコンサルティング業務に興味がある方には、非常にやりがいのある事務所だと思います。
あとはビールが好きな方お待ちしております。

代表からのメッセージ

業界最先端の情報発信、出版、セミナーでスキルアップできます。

高野総合会計事務所では、最先端の情報をクライアントにいち早く伝え、コンサルティングに活用するため、また、自己と事務所全体が常にスキルアップするために、書籍の出版、税務会計雑誌への原稿の執筆、毎月行っている外部向けセミナーなど、会計税務を中心とした最先端の情報発信に力を入れています。そのような業務に携われる機会があるのも当事務所の魅力です。

担当コンサルタントより

東京の一等地にある老舗の事務所です。

離職率が低く、長年お勤めして頂いて事務所内で幹部を目指すような方を探していらっしゃいます。

会社概要

  • 会社名 税理士法人高野総合会計事務所
  • 本社所在地 東京都中央区
  • 代表者 高野角司
  • 設立 1975年
  • 従業員数 65名
  • 人員構成 会計士17名、税理士23名、科目13名
  • 事業内容 M&A・トランザクションサポート、バリエーション、
    事業再生・再編支援、税務顧客業務、各種税務申告業務、
    税務調査対応、会計参与、事業承継対策、相続税業務、FP 他
  • 特徴 FAS部門・法人部門・個人資産部門の3部門からなり、それぞれの専門化がチーム制で業務に取り組みます。
  • 関連会社 高野総合パートナーズ株式会社、TSKコンサルティング株式会社、サン・マネージメント株式会社
  • logo

応募・選考

  • 選考ステップ 書類審査後、面接1回のみ(場合によっては2回)

応募する

この案件について質問する 問い合わせをする

税理士法人高野総合会計事務所のその他の求人

無料転職支援サービス 転職コンサルタントによるご相談・企業紹介

PageTop