弁理士専門転職コンサルタントのコラム

弁理士・特許事務所の転職情報サイト:弁理士求人NAVI
何でもお気軽にお問い合わせください! TEL. 0120-940-986
(受付時間 9:00〜18:00) メール相談はこちら
ホーム どんなサイト 転職Q&A 仕事紹介のお申し込み 採用に関して 会社概要

弁理士専門の転職コンサルタントのブログ

〜求人増加中〜

5月というのに暑い日が続いていますね。
弊社もクールビズを始めました。

弁理士・特許技術者の求人が増加しています!
今は特許事務所が中心ですが、これから企業の中途採用シーズンにも
突入していきます。転職活動をするには最も適した時期です。


転職をしようか迷っている。まずは一度相談だけでもしてみたい。 そんな方でも全然構いません!
転職市場や求人を実際に見てみた上でご判断下さい。

お気軽にお問合せをお待ちしております!

2015年5月28日
M.T.

〜特許業界限定の忘年会兼情報交換会〜

先日、転職先の決まった弁理士さんを含め複数名の方と忘年会兼情報交換会を開催しました。

特許業界限定で私が声を掛け、お食事をしながらそれぞれ
聞きたい事・知りたい事を話し合って頂きました。

ざっくばらんに色々と情報が交換出来る場は、この業界では貴重なようです。
今回ご参加頂いた方にも好評?だったと思います。

2014年は特許事務所業界の二極化が進みましたが
2015年はどうなるのか?


私が皆さんに質問をさせて頂きましたが、意見はバラバラです。
なかなか先が読みにくい状態ですね。

しかし、全体的には業務量の増加で忙しくなって来たという声は
多く聞きましたので、求人も増えてくると思います。

年末年始は色々と考える事が多い時期です。
もし転職をしようか悩んでいるようでしたら
まずはご相談だけでも構いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。

お待ちしております!

 2014年12月22日
M.T.

〜転職先の決まった弁理士さんとお食事に行きました〜

いよいよ夏本番。暑い日が続いていますね。
体が暑さに慣れてないこの時期は、熱中症になりやすいそうです。
皆様くれぐれもお気を付け下さい。こまめな水分補給を。

先日、転職先の決まった弁理士さんとお食事に行ってきました。
お礼のプレゼントも頂き、とても嬉しかったです。

その弁理士さんは特許事務所から別の特許事務所へ転職します。
今の特許事務所は業績が悪化しつつあったそうで、将来に不安を感じたそうです。

特許事務所業界では、業績の良い所と悪い所の二極化は進んでいるようです。
弊社では特許事務所からの求人を多数頂いている一方で、転職を希望される方は
「今勤務している特許事務所の業績が悪いから不安を感じて、、、」とおっしゃる方も多いです。

国内特許出願数は減っていますので、業界的には厳しいのかもしれませんね。

しかし、拡大を続けている特許事務所もあります。
弊社に求人依頼している特許事務所の中には、業界の厳しさを感じさせないほど
活気に溢れている所もあります。

将来に不安を感じたり、業界の動向が気になる方
まずは誰かに相談する事で、解決出来る事があると思います。

是非一度弊社にお問い合わせ下さい。

2014年8月1日
M.T.

〜特許事務所の教育制度について〜

特許事務所業界では、特許実務未経験者や経験の浅い方を含めた、
若手人材の獲得に向けての採用活動を行われている事務所が多く見受けられます。

今回はそうした特許実務未経験者に対して行われる、
特許事務所での教育制度について事務所の規模別にご説明をさせて頂きます。


<大手・中規模特許事務所>
大手・中規模特許事務所の中には、現場に出る前に1週間から1ヵ月程の新人研修を設けることにより、
基礎の基礎からの教育が実施される事務所も存在します。

具体的な内容としては、明細書を作成する前段階に重きを置いて、明細書を作成する上での日本語の使い方や
共通の決まりごと等、発明を抽出する演習等、明細書の骨格となる部分を学ぶことが出来ます。
その他、特許業務として必要な法的知識、業務の流れ等についても細かく指導がなされるそうです。
研修終了後はご自身の専門分野毎、機械や化学等の技術部門に配属となり、先輩弁理士のサポート業務や
簡単な案件の明細書作成から実際の業務に慣れて頂くことになると思います。弁理士や特許技術者にとって
特許明細書作成はメイン業務となる為、こうした日々のOJTが特許事務所における基本教育の一つとなります。

また大手特許事務所等、海外の研究機関や特許事務所等と独自のネットワークを持つ事務所では、
海外での実地研修も行われています。もちろんこちらは誰でもが参加可能というわけにはまいりませんが、
素養があり自ら手を挙げることが出来る積極性のある方であれば、可能性は十分に考えられます。

<小規模特許事務所>
代表先生をトップに数名のスタッフが在籍する小模特許事務所では、現場での実践に重きをおいた教育がなされ、
代表または先輩弁理士からのマンツーマン指導が中心になります。将来の幹部候補生や後継者候補として
雇用されるケースも多く、特許実務以外に事務所経営や顧客獲得等+αの教育がなされることも
小規模事務所ならではの魅力です。

知識、スキル、およびマインド、明細書を作成するにあたって必要とされる資質の内、
知識は独学や市販の教材等から習得が可能ですが、スキルやマインドは実際に明細書作成に携わる
プロからの指導を受けなければ習得は困難です。

高い専門性が要求される業務になりますので、一朝一夕でスキルを習得できるわけではございません。
3年〜5年間程かけて一人前の知財専門家に成長されることを事務所サイドは期待しています。


弁理士求人NAVIでは以上の様なスタッフ教育に注力されている特許事務所と広くお付き合いをしています。
これから特許業界に飛び込まれる方、更なるスキルアップを図りたい方、
様々な方からのご相談をお待ち致しております。

2014年3月27日
C.F.

〜転職するか?現職に留まるか?〜

今年に入り、一段と特許事務所からの求人依頼が増加傾向にあり、
弊社からも多くの弁理士の方々のご転職先が決定している状況です。

専門分野も実務経験年数もさまざまで、20代後半〜50代前半までの
幅広い年齢層の方々のご転職のお手伝いをさせて頂きました。
その中でも特許事務所での実務経験がある方については、年収アップも実現している方が多く、
即戦力としてご活躍頂いているようです。

ご登録頂いた弁理士の方々の中には、転職するか現職に留まるか、悩んでいる方もいらっしゃいます。
弊社では、そういった悩みを持っている方に無理にご転職を勧めることはせず、
まずは他の事務所の面接を受け、お話を伺ってみることをお勧めしています。
面接を受けた後、選考を辞退することも問題はありません。

現職とは違う事務所で話を聞いてみることで、ご自身がどのような状況に置かれているのか、
冷静に判断することができることが多々あるようです。
現職で不満や不安を抱えたままお仕事を続けるよりも、少しでも他の事務所との比較ができれば、
これまで抱えていた不満や不安を「納得」して、現職でのご勤務を気持ちよく続けることができるかもしれません。

転職活動に不安を感じている方、現職に不満がありつつも転職に踏み出せずにいる方、
もちろん転職!という方も、是非一度、ご相談ください。

 2014年2月26日
C.F.

〜今年の弁理士試験合格者が転職に成功しました〜

先月、弁理士試験の合格発表がありました。
合格した皆様、誠におめでとうございます!

早速弊社も弁理士試験に合格した皆様から転職のご相談を受けており
先日その中から1名、大手特許事務所へ転職が決定しました!

その方は、書類選考通過率が低く苦戦が予想されたのですが、
何とか書類が通過し、面接を受けた1社から、即日内々定が出て決定となりました。
お人柄が高い評価を得られたそうです。面接対策が上手く行ったのだと思います。

特許事務所業界は、近年まれにみる求人ラッシュです。
大手特許事務所から少数精鋭の特許事務所まで、たくさん求人が出ております。

2013年は1年間を通じて求人数は増加傾向にありました。
2014年も引き続き求人数の増加が期待出来ます。

来年こそは転職しよう!求人の動向を専門家に聞いてみよう!
そう思っている方は、是非弊社までご相談下さい。
お問い合わせお待ちしております!

慌ただしい季節ですが、体調を崩さないようお気を付け下さい。

2013年12月17日
M.T.

〜中小企業の支援〜

弁理士業界では、中小企業への知的財産支援の輪が広がりつつあるようです。
今までは大手企業をメイン顧客としていた特許事務所でも、
中小企業の顧客を開拓する動きが見られます。

中小企業には税理士さんや公認会計士さんが経営に深く関わっている事も多く
特許事務所と会計事務所が手を組むような動きも出ているようです。

今後、中小企業の知的財産支援に特化した特許事務所がさらに増加するかもしれません。

中小企業の経営者と一緒に、特許の権利化、事業化をやってみたい!
という弁理士の方には、今後チャンスが増えると思います。ご期待ください!

2013年9月28日
M.T.

〜引き続き求人が増加中です〜

本日、大手特許事務所より求人依頼のご連絡が来ました。
引き続き特許事務所の求人は増加中です!

大手特許事務所から中堅・中小特許事務所まで技術分野も幅広く募集が出ている状況です。

転職を考えの皆様、夏休み前に相談だけでもしてみませんか?
お問い合わせお待ちしております!

2013年7月25日
M.T.

〜求人が増加中〜

企業が決算期を終え、新年度を迎えました。大企業では景気回復の兆しが見えてきています。
その結果、大企業から特許の依頼が増加傾向にあり特許事務所の求人が増加しています!

弊社に依頼のある特許事務所の求人ポジションは
電気・機械・通信・ソフトウエア・化学系の案件が多い状況
です。

リーマンショック以降、これだけ求人依頼が多いのは初めてかもしれません。
転職をお考えの皆様にとっては色々な求人と出会えるチャンスです。

是非一度ご相談下さい!

2013年5月24日
M.T.

〜明るい兆し〜

2013年に入り、アベノミクス効果に対する景気への期待感から
企業が積極的に事業展開を開始するなど、前向きな話を耳にします。
企業の業績が回復すれば、求人も増加しますので期待しています。

特許事務所業界は二極化が進んでいますが、今後その動きはより加速化するかもしれません。
変動の激しい情勢ですが、転職をご希望の皆様に少しでもお力になりたいと考えております。

まずはお気軽にご相談下さい!

2013年2月13日
M.T.

〜ワーク・ライフ・バランス〜

近年、日本社会にも“ワーク・ライフ・バランス”を重視する傾向が高まっています。
震災以降、私が担当する転職希望者の方でも、残業時間や通勤時間を気にする方が増加しています。
特許事務所ではフレックス制を導入している所が多いのではないかと思います。

不景気に伴い、特許事務所では希望退職募集や廃業などあまり良くない情報も耳に入ってきており、
比較的安定している一般企業への転職を希望される方も増加しているようです。

一般企業の場合、フレックス制を導入している所は比較的少ないので、
固定勤務時間に対して不安を感じる方も多いようですね。
残業環境などは一般企業のほうが、全体的に少ない傾向でもありますので
大切な事は「時間の使い方」だと思います。

皆様は余暇を充実させていらっしゃいますか?

2012年11月14日

M.T.
〜知的財産〜

携帯電話の主流はもはやスマホになっています。
アプリはもはや何十万個という数が存在し、便利なものがどんどん増えていますね。
少し前ですが、コンプガチャが問題になりましたね。

IT商品の知的財産管理は、まだまだ法規制なども整備されておらず、
しばらくこの問題は続くのではないでしょうか。。。
IT企業では法務部の求人で、知的財産に関する知識を保有するものが増えてきました。
アプリはまだ歴史の新しい商品ですから、法規制などのトラブルにも巻き込まれやすく、
企業も防衛体制を整えているようです。

もしIT企業の法務部求人にご興味のある方は、一度ご相談下さい。
ちなみに私は、、、まだガラケーです(汗)

2012年7月22日
M.T.










お問い合わせはこちら↓ お電話:0120−940−986 (9:00〜18:00)※秘密厳守 無料転職支援サービスのお申し込みはこちら 

弁理士転職無料紹介の事なら弊社までお気軽にご相談ください!ご相談から弁理士事務所の検索・ご案内まで一切無料です。
お電話でのご相談は下記までお問い合わせください。TEL. 0120-940-986 (受付時間 9:00〜18:00)
来社相談(予約フォーム) メール相談
ホーム どんなサイト 転職Q&A 仕事紹介のお申し込み 採用に関して 会社概要






<個人情報の取扱い等について>


 
HPロゴ 弁理士求人NAVI
(C) BENRISHI-KYUJIN NAVI.
会社ロゴ 厚生労働省認可:許可番号13−ユ−301098
株式会社サイバーレイキャリアサービス
〒183-0022 東京都府中市宮西町2-8-3 野口ビル2階
アクセスはこちら  TEL:042-306-6071
相談員に探してもらう! 相談員に探してもらう!