弁護士の転職について

弁護士の求人情報サイト:弁護士転職NAVI
何でもお気軽にお問い合わせください! TEL. 0120-940-986
(受付時間 9:00〜18:00) メール相談はこちら
ホーム 弁護士事務所の転職:どんなサイト 転職Q&A 仕事紹介のお申し込み 弁護士事務所の転職:採用ご担当者様へ 会社概要
転職に成功している弁護士とは?

数年前から実施されている新司法試験の制度により、司法試験合格者が急増しています。
その影響により、ここ数年は弁護士を求める求人依頼が激減しており、新試験開始以降の合格者の
就職率が大きな話題となっています。
加えて不景気の影響により、人員余剰の法律事務所がリストラを進めたという話も耳にします。

そんな状況の中でも、望み通りの転職に成功している方は存在します。
ここではどのような転職の可能性があるのか考えてみたいと思います。

【個人事務所】
離婚や相続、少年事件、交通事故、不動産などの一般民事を中心に扱っている所が多く、
個人経営の為、弁護士を採用する機会は大変少ない状況です。
募集は、自分のクライアントを保有している方をパートナー(ノキ弁含む)として迎えたり、
後継者候補として採用を行うことが多いようです。
その為、事務所と同様の専門分野(例:離婚に特化している所であれば、離婚事案の経験者)で
高いスキル(深い知識・経験)をお持ちの方を求める傾向があります。独立を考えているが、
いきなり一人で事務所を立ち上げるのは不安だという方などにはお勧めです。
ただし、年収(報酬)は基本的に売上に応じた支給や完全インセンティブ制度の形で支給されることが多く、
実力によって大きな差が生じますので注意が必要です。

【ブティック型・中小総合型法律事務所】
中小規模の法律事務所では、企業法務と一般民事などの幅広い分野を取扱う総合型の所もありますが、
所属弁護士の人数が少なくなるにつれて一般民事をメイン業務として扱う所や企業法務の中でも
特許(知的財産)やエンターテイメント、不動産、倒産などのブティック型の所が多くなる傾向にあります。
この規模の事務所では、業務拡大よりも欠員補充を理由とした募集が多いのが特徴です。
随時募集をしている所は少なく、退職者の後任が決まった時点で募集がストップするケースが
ほとんどです。
募集は、退職者と同等のスキルをお持ちの方を採用する傾向があります。退職者が担当していた
(担当するであろう)事案をそのまま引き継げるだけのスキルがあれば、可能性は高くなりますが、
事務所内の平均年齢や司法修習期のバランスなども重視して採用することが多いようです。

【中堅・準大手総合法律事務所】
この規模の事務所では、業績が伸びている所とリストラを進める所とで二極化が進んでおり、
取扱うメイン業務によっても業績に差がついてきているようです。
随時募集を行っている所では、候補者によって「この方と一緒に仕事がしたい!」と思えるような方と
出会えれば採用するといった採用スタイルが多く、急募の採用ではない為ハードルは高めに設定されており、
出身大学(法科大学院含む)や得意分野、英語力、地頭の良さ、コミュニケーション能力など、
様々な角度の判断が行われます。
年齢的にも30代後半になると、相当な経験と専門知識を求められます。

【外資系法律事務所】
外資系の事務所ではリストラを進める所も中には存在しますが、積極的に中途採用を行う所が
多くみられます。中堅・準大手総合法律事務所の採用のように、急募の採用ではないことが多い為、
ハードルは高めに設定され、出身大学(法科大学院含む)や得意分野、英語力(外国人のスタッフも
多く在籍しているので、ネイティブクラスの方を求めるケースが多いです。目安としてTOEIC850〜900点以上)、
地頭の良さ、コミュニケーション能力など、様々な角度から厳しい判断が行われます。

【大手総合法律事務所】
大手の事務所では中途採用を積極に行うことが少なく、司法修習修了者を計画的に採用していることが
多いようです。
中途採用の場合は、専門性の高い方が退職する場合などに限って欠員補充を行うことが多い為、
退職者と同等のスキルをお持ちの方を採用する傾向があります。
退職者が担当していた(担当するであろう)事案をそのまま引き継げるだけのスキルがあり、かつ、
司法試験へのチャレンジ回数や出身大学(法科大学院含む)、英語力、地頭の良さ、コミュニケーション能力なども大変厳しく判断が行われます。

【一般事業会社】
上場企業などの大手企業では、企業内で弁護士を雇うことも増えつつありますが、まだまだニーズ自体は
少なく、また給与面でも低めの設定が多い状況です。
業界は、金融系・メーカー系・小売系など様々ですが、ポジションはスタッフクラスとマネジメントクラスの
募集が多いように見受けられます。
業務の内容としては、リーガルチェックやコンプライアンスを中心とした業務が大半を占めますが、
中にはM&Aや知的財産(特許)の業務を中心とした求人もあります。
採用の基準としては、英語力、転職回数、業界知識、社内での年齢のバランスなど幅広い判断が
行われます。


以上のように、弁護士の転職先といっても業種は様々です。上記以外でも色々な可能性があるでしょう。
現在、転職に成功している弁護士のポイントは「経験を活かした」転職です。
転職を考えていらっしゃる弁護士の方々も、もう一度これまでの経験を見直し、
単に「何をやりたいか」だけではなく、これまでの経験を活かして「何ができるのか」を含め、
将来のビジョンを組み立てていただきたいと思います。

弁護士転職NAVIでは、専門のコンサルタントが転職市場に関する情報提供を含め、ご相談にも丁寧に
お応えしております。下記までお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら↓ お電話:0120−940−986 (9:00〜18:00)※秘密厳守
無料転職支援サービスのお申し込みはこちら 

@どんな求人があるか探してみる

Aプロのコンサルタントに探してもらう(無料
弁護士転職無料紹介の事なら弊社までお気軽にご相談ください!ご相談から弁護士事務所の検索・ご案内まで一切無料です。
お電話でのご相談は下記までお問い合わせください。TEL. 0120-940-986 (受付時間 9:00〜18:00)
来社相談(予約フォーム) メール相談
ホーム 弁護士事務所の転職:どんなサイト 転職Q&A 仕事紹介のお申し込み 弁護士事務所の転職:採用ご担当者様へ 会社概要






 <個人情報の取扱い等について>


 
HPロゴ 弁護士転職NAVI
(C)BENGOISHI-TENSHOKU NAVI.
会社ロゴ 厚生労働省認可:許可番号13−ユ−301098
株式会社サイバーレイキャリアサービス
〒183-0022 東京都府中市宮西町2-8-3 野口ビル2階
  TEL:042-306-6071
相談員に探してもらう! 相談員に探してもらう!